首都大学東京鉄道研究会 公式サイト

会の概要や活動の紹介のほか、ブログも兼ねた公式サイトです。

首都大学東京鉄道研究会 公式サイト イメージ画像

最新記事

首都大鉄研OBの皆様この度、再び部室の大規模清掃を行うこととなりました。それにあたりまして、OBの皆様の私物を処理させていただく可能性がございます。つきましては、皆様自身でお持ち帰りを希望されるものがございましたら、連休明け(5月7日)までにご連絡いただきます

皆様大変長らくお待たせいたしました。大学祭より随分と経過いたしましたが、合同研究を公開させていただきます。今年の研究テーマは「地方私鉄」です。昨年よりテーマも増え、見応えは増していると思います。今年の研究冊子は好評を頂き、会員も嬉しい限りであります。なお

こんにちは、四国旅行記の続編執筆は諦めている秋霜烈日です。ごめんなさい。タイトルで全て察していただいたかもしれませんが、3か月前の北海道胆振東部地震で被災するまでの経緯と被災後の話をつらつらと書いていこうと思います。____________________
『波乱万丈 9月東北日本海側・函館旅行』の画像

 こんにちは。19です。突然ですが、産業鉄道って良いと思いませんか?工場や鉱山の所有する専用鉄道はそこら辺の鉄道にはない魅力があります。ですが、そういった鉄道は殆どが私有地内を走る為、簡単に撮影できるものではありません。工場公開なんかも年に一度とかですし。
『奥多摩の魅惑の鉄道~奥多摩工業曳鉄線撮影記~』の画像

 土産物を買うと、15時半を回っていました。16時の新快速で下洛するとしましょう。ちなみにこれが終電。土産物を買って乗り込みむと、微妙に混んでいてドア前の補助席にしか座れませんでした。荷物の多い身にはちとキツい。 滋賀県に入り、近江盆地を走り抜けます。この辺
『波瀾万丈の京都訪問 後編2』の画像

京都では二条城の近くのゲストハウスに泊り、二条城のライトアップを観に行ったりコンビニで買ったストロングゼロを片手にフリースペースで駄弁っている外国の方の集団に吶喊したり、翌朝は早起きして伏見稲荷の山頂まで登ったりしましたが、鉄研ブログで詳しく書くような話
『波瀾万丈の京都訪問 後編1』の画像

お久しぶりです。いずもです。今年度の夏合宿が来月頭に迫っていますが、今回は昨年度春合宿について簡潔に報告をさせていただきたいと思います…2017年度春合宿は3月の22~24日の3日間で行われました。静岡駅近くを宿泊地とする以外は全て自由行動とする、首都大鉄研恒例のス
『2017年度・静岡春合宿報告』の画像

 どうも。19です。前編1に引き続き書いていきます。 新所原行は二両編成で後ろは転換クロスシートの車両でした。こんなのいるのか、と思いつつ窓際の座席を確保しました。後から調べたら一両しかいないようなので、当たったのは運が良かったようです。 天竜二俣を11時47分
『波瀾万丈の京都訪問 前編2』の画像

こんにちは。梅雨ですね、皆様はいかがお過ごしでしょうか。19です。今回は春合宿三日目京都に行った話をするといたしましょう。 弊サークルでは春休みにも合宿を行っております。今年の行先は昨年に引き続き静岡。二泊三日での催行となりました。春合宿の模様は他の部員が
『波瀾万丈の京都訪問 前編1』の画像

 お久しぶりです。19です。今年に入り、速くも二ヶ月が過ぎ去ってしまいました。三月といえばJRのダイヤ改正。弊大学近辺での変化では横浜線の運用に手が入ったり、「あさぎり」の名称が「ふじさん」に変わったりなどがありますが、やはり一番の目玉は「スーパーあずさ」か
『惜別 E351系乗車紀行』の画像

↑このページのトップヘ